相対音感ネイティブ100%ストレスフリーPro.プログラム修了アンケート
............................................................................................................................................................................................
ネイティブの定義=音を聴くと条件反射で階名が言えてしまう人
音感の定義=音を考えるプロセスなく音を感じて反応出来る人

ネイティブな音感がある人の定義
不特定多数の音を聴くと、音そのものがドレミ~の階名で聴こえてしまう人で、
音楽性を排除した音の羅列もその中に音楽のストーリーを感じてしまい夢中になれる人。

   ストレスフリーの定義=元々人間には自分の力で病気を治す治癒力があります。
              
              脳の情報処理も同様で正しい情報をたゆまず流すと
              エラー情報を自分で感知して正しい情報に書き換え、情報を自分のフォーマットに整理整頓する治癒力がある
              事を長い研究によって発見しました。


              従来の学習が生むストレスとは

              第三者が受講生のエラーを検知し、第三者の手で正確なデータに書き直す際に生まれるエネルギーの摩擦。
              つまり、自分の脳が外界の力によって情報が書き換えられるというストレスを感じざる負えませんでしたが
              

              sonicのストレスフリーとは、

              治癒力を最大限引き出しながら進むこのシステムは、
              自分の脳が自主的にエラーデータを正しいデータに書き換えられる環境を管理しますので
              外界からのストレスが一切発生せずに済む訳です。
              
              この修正手順を記憶し自分の脳がフォーマット化すると、
              それから後はストレスフリー(学習におけるエネルギーの摩擦がゼロ)が原因して急速に加速する訳です

              ストレスフリーイヤートレーニング は、つまり  

              学習におけるエネルギーの摩擦がゼロのイヤートレーニング
 を意味します。
...........................................................................................................................................................................................

この修了アンケートは、音感が無く自分の音感に自信が無い人が、ネイティブな音感へシェイプアップするまでの時系列です。

連日の4時間集中は物凄い効果を発揮しました。

初日4時間は症状にベストフィットするチャートを作製する為に色々な状況把握の為の検査をしました。

通算8時間 テンポ60でド~ソの音範囲では、2つ目からエラー、4つ目でフリーズ、8つ目でストップし、答えを見ながらのリハビリに切り替えました。

通算12時間 には、(それぞれのキーにつき100個の音を全てのキー)=1200個の音に対して解答エラーがゼロ=100%解答を達成しました。

通算16時間 この進化の加速は続き、テンポ60でド~ラの範囲では、それぞれのキーにつき一桁のエラー数はあるものの、
同日4時間後には完璧に 1200/1200の100%解答を制覇したので、この加速を確信し、一気に音範囲をドレミファソラシドに広げて始めました。

通算20時間 さすがに、いきなり音範囲を広げた戸惑いがエラー数字として出ました。エラー最高値はBのキーで45個のエラーを記録しました。が、

通算28時間後 ストレスフリーシステムが成功した実証として、遂にオクターブ範囲ドレミファソラシドにおいて全回答1200/1200を達成しました。祝!

つまり、

何も聴き採れない状態からスタートして、(連続4時間レッスン×7回)=28時間後には、
オクターブの範囲ドレミファソラシドで無作為に出て来る音源1200個を全てエラー無しに言い当てる事が出来た驚くべき快挙です。


sonicイヤートレーニング始まって以来の出来事で、その目を見張る急速な進化とその加速の過程はエキサイティングそのものでした。

世界的にこの様な現実的なイヤートレーニングシステムはsonicだけのものですので、確実に進化を遂げる事は前から想定していたものの、

増して、このミラクルな結果を出した事は、
やはり通常プログラムは2時間のところを4時間続けて情報をインストールする効果が絶大である事に驚嘆しています。

一般常識では
音の採れない人が28時間後に全調で無作為な音1200個の全てをエラーゼロで言い当てる事自体絶対に不可能
ですが、sonicのストレスフリーシステムはそれを可能にした実証アンケートです。



相対音感ネイティブ100%ストレスフリーPro.プログラム修了アンケート

お名前(Mr.R)年齢( 36 才)ご職業( 自営業 )楽器( ベース )活動歴( ?年) お住まいの地域( 新宿区 )

1)音に対してリアルタイムに反応し、それぞれの指定した音範囲を100%の正解率に仕上げる為のネイティブコースを敢えてお選びになり、
  それぞれ指定した範囲をネイティブな反応速度でみごと1200問題中1200問正解の快挙を達成された時のご感想そして心理状態をお聞
  かせください。




体育会系な雰囲気に惹かれて入門し、

祝。



希望、想像を上回るハードコアなスケジュールを組んでいただきました。

「出来るだけ詰めたスケジュール」をご希望と書かれていたので、4時間が限度だと思いました。


色々なアドバイスや指導をいただきましたが、最も印象に残ったご指示は「自信を持つように」ということでした。
解答が増えれば増えるだけ自信が付きます。


上記正解率を達成し、希望通りの効果も得られ(後述)、自信を持てるようになったように思います。

おめでとうございます。その意識で聞けば色々なものが聞こえて来ます。祝!




2)五線譜を一切使わないsonicの相対音感イヤートレーニングは如何でしたでしょうか?


非常に便利です。夏の陽気に手ぶらで自転車で通うのも楽しみました。
祝!!!



3)従来の一般的なイヤートレーニングと比べてどう違うと思いますか?



①課題の実行
②問題点の発見、分析
③問題点への集中的対応
④克服、次の課題へ

という絵にかいたようなトライアル&エラーが、
ソルフェージュのようなメロディーを歌う楽しみ(?)を一切介さずに
延々と繰り返されるのですが、補って余りあるゲーム性に飽きは感じませんでした。
制覇すればするだけ欲が湧いてきましたねっ!祝。




特に先生の高度に多角的な分析、課題設定の巧みさには、時に指導に回る立場として、非常に感銘を受けました。

それはとても良かったです。礼!!!




4)一般的なイヤートレーニングですと不特定な1200問をリアルタイムに1200問を全問正解する事は不可能です。
  このコストパフォーマンスをどう感じられましたか?


恐縮ですがダイエットの体重、受験勉強の偏差値等の一般的な成長目安ではないため、
レッスンでの正答率の数値的な達成感と私の期待する効果との関連性に正直疑義を覚えておりました。

しかし、上記の通り全問正解した最終レッスン後、
帰宅時に立ち寄ったコンビニで流れる有線の音楽のメロディーが、受講前とは違い、
音階名でほぼ完全に把握できたことでレッスンの効果が完全に自分の希望通りであったことを確信いたしました(しかも短期間で)

そうでしたか、それは良かったです!祝!!!




当然、楽器の演奏にも良い影響が大いに反映されております。

祝!!!




レッスンの受講形態、内容が特殊で比較の対象がないため、
笑!


コストパフォーマンスはわかりませんが、希望通りの効果が得られたので圧倒的に満足しております。

祝!!!




5)sonicのイヤートレーニングに興味を持っていらっしゃる方々にメッセージをお願いします。

音楽に関わらず学習、習い事等で自分が希望する通りに成長することは稀有だと思います。

Sonicではどのプログラムも1分1秒を惜しんで時間が許す限り最後までインストールし尽くします。




この度は私自身大きく成長でき、それを先生にも喜んでいただけて、本当に有意義な時間を過ごすことができました。

声を大きく唄って頂けたのがもうひとつの成功の要因だと思います。祝!



ただ一点、私の受講形態がほぼ連日4時間という、
交通時間、レッスン後の疲労を含めるとおそらく通常の社会生活に抵触しうるであろう特殊なものであったことを付言致します。

会社にお勤めの方は多分この4時間の環境作りは無理でしょうが、このケースの様に自営業の方や学生の方は自由度があるので大丈夫ですね。
会社勤めの方は皆さん2時間設定で受講されています。





私の経験が、とにかく集中的に短期間で大きな効果を得たいという学習者にとってややムシのいい考え方にも、
十二分に応えられる講座であることの証明となれば幸甚です。

短期間で大きな成果はsonicの研究する最優先課題です。なので、良い出逢いが出来て良かったです。感謝!




お疲れ様でした。ご協力ありがとうございました。礼!!! 沢村