移動ド相対音感イヤートレーニング・レッスン

           『気づいたら、すごいことができちゃった、と思いました。笑 』

お名前 Ms.M.N. 年齢 25 才
学校 / ご職業 筑波大学付属高校 お住まい 東京都
受講レッスン 移動ド相対音感イヤートレーニングプログラム 専攻  
音楽歴、音楽活動等 5年

  1)最初に1hの体験を申し込まれたきっかけからお教えください。

作曲を2年ほど前から試みていて、メロディだけならなんとか作れても、
コードをつけるとなるといつも迷っていました。
やってみてもしっくりこないのは、音感がないからなのでは、と思い、
「イヤートレーニング 教室」等のワードで検索していたら、こちらを見つけました。
32hという短時間で音感がつくという内容に惹かれてすぐに体験の申し込みメールをしました。


2)1h体験は如何でしたでしょうか?

初めてでしたが、1hで、「なるほど!こういうことをやるのか!」という理解ができたので、
安心して本プログラムを申し込むことができました。
この体験で既に、脳のアップデートがされたような感覚を体験しましたが、
一方で、精神的には、それに対する防御反応も感じました。変わるのが怖い、とか、できないのが怖い、というような。 それでも、やってみたら何があるんだろう?というワクワク感が勝ちました。



3)そして本プログラムの初日を迎えました。初日は如何でしたか?

とても濃い時間でした!初日に限らずですが、いつも2時間がはやく感じ、
終わったあとは達成感がありました。
沢村先生の観察眼の素晴らしさにも驚きました。私の少しの動作や、ちょっとした言葉の奥から、
流れを妨げている要因を次々と見つけて、アドバイスを下さりました。



4)回を追うごとに進化が加速して行きました。 これはひとえに、
ご本人の冒険心と好奇心いっぱいな、素直な子供の心で夢中になって頂けたからの快挙ですが、
夢中になれた秘訣をお教えください。

夢中になれたのは、sonicで身につける音感が、わたしの音楽への認識を広げてくれて、
もっと色彩豊かな音達の世界を見せてくれたからです。
いままで音感のある人と言ったら、私の中では、その音が何の音なのか分かったり、
外れてるかそうではないか分かる人、というイメージでした。
いまは、それだけだと機械的でさみしい、と思います。
音に対してもっと深く知り、仲良くなるほど、聴覚の世界が鮮やかになっていくのが、
楽しくて夢中になりました。

 

5)HPに明記してあるとおり、出来る音範囲を少しずつ確実に広めて行く事が特徴ですが、
  それぞれの範囲についてエピソードがあればお願い致します。

「ド~ファ」
このときから、音を感じる為の本質的なやり方を教わってはいましたが、
そのときはまだ、それがそんなに重要だとは気づいていませんでした。
sonicのシステムの合理的さ、効率の良さに驚いていた時期です。

「ド~ソ」
いつも同じところを間違えるという状態が発生。
しかし、集中治療をしたおかげで、ちゃんと聞こえるようになりました。
エラーが多いほど、きちんと身につけられるのでよい、 という沢村先生の言葉にも励まされました。
あと、キーごとの違いを知ったのはこのあたりからでした。

「ド~ラ」
ラが入ってきた途端、いままでの音も何もかもわからなくなりました。笑
なので一番時間もかかった範囲だと思います。好きな曲を使ったり、
ドからファまでをもう一度詰めたり、メロディ作りなど様々な方法でデータを集めていきました。
そのおかげで発見も多く、できなかったからこそ逆にここで感性が研ぎ澄まされてきたような気がします。

 

「ド~シ」
ここは積み重ねが実って、いままでよりも楽に攻略することができました。
音を感じるのにかなり慣れてきたと思います。
街中で流れている曲の一部が階名で聞こえてくることが何度かあり感動しました。

 

「ド~ド」
すごい速さでクリアしてしまい、びっくりしました。
時間が余って覗き見たテンポ90の世界はさすがに大変でしたが、
同じようにやればできるようになるとわかりました。
ここまで来るのに約2か月という期間の短さにもびっくりです。

 

6)プログラムの途中で進行に不安を感じられましたか?

やればやっただけ、確実に蓄積されていくので、進行に不安はなかったです。
毎回新たな発見がありました。
不安だったのは、唯一、最初に受講を決めるときで、
わたしは小さいときから音楽をやってるわけでも、音大に行ったりしてるわけでもなく、
普通の人なので、わたしのようなレベルでも受けていいのか?と思ったことはありました。
(申し込んですぐに、まっさらであっても良いことを知りましたが笑)

 

7)このプログラムはホームワークを出さない事を主旨としています。
理由は、ご本人の好奇心と冒険心から工夫しはじめるその行動が一番の効果がある為です。

プログラム後半から目を見張る様な急激なスコア更新のドラマがありましたね、
家で何かやっていたのですか?と尋ねると、笑みを浮かべながらあるものを見せて頂きました。
そのご自身の宝物になったメモについてお話頂けたら幸いです。

それは、これまでに沢村先生がいくつかの音で問いかけてくれたことを、
では、他の音はどうなんだろう?全ての音でやってみよう!と思って作ったメモでした。
そうしたらこれが、音感を大幅に高めてくれました。
その上、作曲にも活用でき、世の中の楽曲を聴くときにも楽しめるものだとわかりました。
ホームワークがないといっても、何もしないでいるのはもったいないと思い、
たまに苦手な音の組み合わせを鍵盤で弾いたり歌ったりもして、
そうして音と仲良くなってできた集大成のようなもので嬉しいです。


8)感想メール対応は如何でしたでしょうか?

とても興味深いお返事を毎回下さるので楽しみでした。
復習になるという点でも役に立ち、プログラムの質をより一層高めてくれる要因の一つでした。

 

9)日程変更対応は如何でしたでしょうか?

スケジュールが変わることがよくあるので、前日まで変更できるのはとても助かりました!

 

10)このプログラムはストレスを管理しながら進む所以でストレスフリーと命名しています。

このシステムに関しては如何でしたでしょうか?

簡単すぎず、難しすぎず、楽しく進められるちょうどよいラインでした!
自分で目標を決めるのも、自分で決めると主体的なのでストレスフリーでした。

 

11)このプログラムは一般的なイヤトレで使う五線譜を使いません。その点は如何でしたでしょうか?

五線譜を使うと、普通の人は考える脳も働いてしまうのではないかと思います。
感じる脳を使って直感的に音を知るのには、プログラム後に振り返ると、
五線譜が無くてよかったなぁと思いました。

 

12)一般常識としては到底不可能と言われる、
32時間の内に全てのキーを分け隔てなくそのエラーをゼロに、
つまり100全問正解/100ランダムな音シャワーを12keyで=1200ランダムな音シャワーを
全問エラーなく リアルタイムで言い当てる事を可能とする事を目的としたプログラムです。
ご本人がスムースに夢中になれる様にそのキーの攻略手順を管理するところが特徴ですが、
管理環境は如何でしたでしょうか?

1200もの音を言い当てていたのかと驚きました。
気づいたら、すごいことができちゃった、と思いました。笑
それができたのも、沢村先生が現状を適確に判断して最善の策を施してくださったおかげです。

 

13)コストパフォーマンスは如何でしたでしょうか?

私にとって、一生物になるであろうスキルや感性をみつけたので、
コストパフォーマンスは良かったです!!



14)このシステムを開発した沢村満はどういう印象でしたでしょうか?

音楽の表面的な部分ではなく、非常に本質的で深い部分を教えてくれる方。
同時に、受講生に対する精緻な観察力を持って、より高いところへと引き上げてくれました。
あと、はっきりと包み隠さず話していただけるところが、
何か言われたってことではなくて、 たとえば私が前に受けていたボイトレの先生などは、
気を使ってはっきりと物を言わないので、こちらも真実がわからず伸びないということがあったので、
沢村先生はそういうところがないので良かった!という意味です!
やる気がある人のやる気を増幅させられるのだと思います。

 

15)コロナの時節柄、清潔管理については如何でしたでしょうか?

コロナが流行る前から、もともと清潔管理に気を遣われていて、とてもきちんとされていました。

 

16)音感に自信が無い方、また大人になってから音感を身に付けたい方にアドバイスをお願い致します。

sonicで、音感というものへの考え方が根本的に変わりました。 大人になってからでも全然平気でしたし、
むしろ大人だからこそ、 いままでの経験と感性が結びついて、
より音楽を楽しめるようになるのではと思います。
予想以上に、作曲に活用できる内容でしたので、作曲をしたい方にも特におすすめです。

 

貴重なアンケートメールをどうも有り難うございました。沢村満