アルトサックス、アドリブ・レッスン

『はじめての学習がソニックでよかった。そうおもいます。』

お名前 Peter 年齢 47才
学校 / ご職業   東京大学大学院   /   医師・外科医   お住まい 神奈川県 
受講レッスン 気ままプログラム 専攻 アルトサックス 
音楽歴、音楽活動等  1年 
1)sonic solfa の遠距離2時間×4=8時間レッスンを受けてみて最初の印象はどうでしたか?

沢村先生の不思議な印象に興味と人柄に好感をおぼえ、ならってみたいと感じました。はじめてあう、会いたかった音楽家という印象です。そうゆう影響をあたえた音楽家はだれにでもいるとおもう。たとえば、ブラームス。小学生のぼくは伝記をよんで、なんども感動して泣いた思い出がある。たとえば、坂本龍一さん。中学生のぼくは、彼の雑誌を机の引き出しに隠して、受験中なんども読み返して励みにしてがんばった。高校時代にあこがれ続けたソニーロリンズ。若いこころに考え方に、自由という多大な影響をあたえた音楽家。そして、いまは、沢村先生。ぼくの好きな音楽家として沢村満先生を挙げたいとおもう。はじめて授業をうけただけで何がわかると、おもうかもしれませんが、そんな思いを感じさせる人です。

2)sonic を受ける前と受けた後ではどう言う変化や成果がありましたか?
<受講前>

 ソニーロリンズの音楽にあこがれ、46歳にしてサックスを手に入れた僕は、毎日1時間、ロリンズのアドリブ譜面を無我夢中で練習しましたそれはそれで、すぐロリンズのフレーズがでてくるので、いいのですが、それではロリンズの自由さがわからない。ヤマハに週2回通い、ロリンズのアドリブがあっているか個人レッスンをうけていた。性格的にきちっとしているので、譜面どおり演奏できるようになった。そこで、自分の演奏を録画してみてみると、あまりに下手なので愕然とした。ヤマハの先生は伴奏があれば、かっこよくきこるよ、譜面そのままに演奏できているよ、と言うが、何がたりないんだろう?

<受講後>

たりなかったのが、ソニックだった。なぜか、それは、アドリブの理論があり、ロリンズのアドリブのコピー練習では、臨機応変さがでない。つまり、自由がないのだ。ソニックは、アドリブを自由にしてくれる。そのために、アドリブに、強調する音、強調しない音、前後関係、つまり、3次元でおしえてくれる。沢村先生の短期講座だけでも、価値がある。そこで学んだことを、こころにとめながら、ロリンズを演奏してみた。かっこいいぞ!見栄えがある。初心者のぼくが、目に見えて感じることができる。

3)sonicを受けてみて従来の学習法と違うと思いますか?

僕は従来の学習方法というのをしりません。サックスを探しに探して、自分のおきにいりを買いました。演奏がまったくできないのにです。そして、サックスを眺めて、きれいだな、いつか演奏したいと、毎日磨いていました。仕事にすこし余裕ができたので、2年前にヤマハの個人レッスンをたのみました。そして、自分でソニーロリンズのアドリブのコピーを演奏できようにおねがいしました。つまり、ふつうでいう教科書というものをしたことがありません。ほかのジャズ理論の本も読んだことがありません。ただ、ロリンズがすきで、彼のアドリブの譜面を2年間ずっと眺めては、こえにだして読んでいました。だから、本格的な学習ははじめてです。  そこで、はじめての学習がソニックでよかった。そうおもいます。すばらしいスタートがきれました。

4)何処が違うと思いますか?

従来の方法をしいたことがないので、わかりません。でも、これだけはわかります。ソニックの一番の楽しみは、沢村満先生の会話です。会話といっても、先生のピアノと僕のサックスでの会話です。第一回に沢村先生が、『適当にふいてみて』といわれたので、本当に理屈抜きで、むちゃくちゃに本能のままにふいてみました。すると、沢村先生のピアノがちゃんと隣をはしってくれました。でもそのときは、沢村先生のピアノの声はきこえません。僕のサックスはあばれ馬で、まだ野生のまま。4回すんだら、奥は、先生のピアノの声にきがつきました。会話でみることがわかりました。こうした会話のレッスンは素晴らしいです。

5)sonic気ままプログラムを受けてみて全体の感想は如何ですか?

音楽理論については、ひましにわかりました。あえて、他の本をよみませんでした。しいてあげれば、坂本龍一さんの自伝とか、エリックサテイの研究書とか、いろんな音楽の分野のいろんな書物をよみました。自由な発想をひろげたいので、いつも病棟や当直のときに、白衣に『音楽の本をいれてよみました。すると、意外にもそのほうがソニックのプログラムにあいました。ソニックは、枠にはまりませんが、理論はとおります。スタートからラストまでくみこみます。ものがたりです。ものがたりを、かたることが、ソニックの理論のめざすところだとおもいます。それは、おおくの印象にのこる音楽家には共通して存在するものです。 

6)開発者の沢村満についての第一印象はどうでしたか?

よい意味で、ふしぎなひと。大人のような、少年のような、いろんな側面がある人。それだから、会話がたのしい。たぶん、それは、音楽の会話だとおもう。

7)終えて暫く経ってからのsonic はどの様な印象ですか?

経験しておいてよかった。しかも、ソニックがスタートでよかった。これから、ますます、僕はいろんな音楽をみてみたい。たくさん会話をしてみたい。それは、ソニックがあればできるとおもう。

8)これから受けてみようと思っている方々へのメッセージをお願いします。
気軽にうけてみようです。僕は、いろいろ考えこんじゃうタイプだから、先生のいいうとおりにあえてジャズ理論をよまなかったけど、その分、ン学の哲学というか、そういった書籍をたくさんよみました。ジョン・ケーシー、ワーグナー、ショーペンハウアー、スティーブンビンカー、など、よんでみて、音の成り立ちが、音楽とみなされるには、その構成についての勉強をしたらいいとおもいました。「音楽は人生の神秘への答えである。音楽は芸術の中でもっとも深遠なものであり、人生へのもっとも奥深い洞察である」。これは、ハウアーの言葉ですが、音楽をここまで深くかんがえるのにも、構成をおしえてくれるソニックが役立つ。そして、もっと軽快に、楽しさをだしたいときも、ソニックは役立つ。たくさん勉強してみて、気軽にうけてみても、十分に得られるものがある。そうおもいます。
9)ネットは相手に直接会う事が出来ないので、なかなか応募を決意するには勇気が必要だったと思います。その点はどの様に克服されたのですか?

沢村先生の人物にあえば、すぐ決めます!

10)メールの対応は適切でしたか?

適切です。沢村先生のたのしい性格がよくでていて、興味ふかいです。

11)メールの対応は適切でしたか?

授業は、きびしくたのしい。あまり、ホームページをみてないので、イメージがなかったので、なんともいえませんが、よかったとおもいます。

12)「自由にアドリブ出来る為の手順を体感しよう」の目的に向けてコストパフォーマンスは如何でしたでしょうか?
適切です。
13)最後に何か一言ありましたらお願いします。
満足しています。
14)最後に何か一言ありましたらお願いします。
沢村先生が卒業されたBerklee College of Musicは、僕が留学していた大学のするとなりになります。自由を重んじて、たのしいところです。僕は先生はここで育ったのだとおもいます。先生のように、前向きで陽気で、音楽に自由度のあるひと、そんな人のおおい街です。ソニックをきめたら、いちどみてみるといいです。本当に素敵な街です。
 
 

貴重なアンケートメールをどうも有り難うございました。沢村満